蛍舞う地で

本日は知り合いの高倉さんが落語会を開催するということで、東峰村宝珠山までドライブ。カミさんと一緒に「桂九雀独演会」を見に行きました。
大分道を杷木でおり、県道をひたすらまっすぐのぼっていく。
昔の話ではありますが商工会の仕事で、何回か来たことがあります。見慣れた風景が広がるにつれ、ここまで来ていたんだぁと昔のことが甦ります。
少し早めに着いたので近所を散策することに。
ここは初夏は蛍が有名であります。ま、あそれくらい水がきれいで自然がが残っているということでしょうね。
山の中を日田彦山線が走っており、2両編成の列車が走っていきます。鉄道ファンには有名な場所なのでしょうか。数名の方がカメラを設置してシャッターチャンスを狙っておりました。

落語は「時うどん」「はてなの茶碗」「七度狐」の三席。結構なものでした。九雀さん、トリの七度狐の時は鮮やかな青の着物と袴。目でも楽しませてくれました。
必ず三味線の方も同行されるようで、今回の浅野美希さんの三味線と、俗曲もよかったですね。声も艶っぽくて。

村の記念事業で、村の予算も少しは入っているのでしょうが、これで1000円は超お得でありました。

2014-03-23 13.13.01 2014-03-23 12.55.43