手延べ体験とワークショップ

【研修をメインにしている中小企業診断士in福岡のブログです】

新上五島町2日目。

本日は風が強く、鯛の浦港につく船はすべて欠航とのこと。これだから離島での仕事はこわい。
本日は東京からもう一人講師が来る予定なのだが、はてさて、どうなることやら。
午後のワークショップまで時間があるので、五島うどんの手延べ体験をさせていただいた。
これが想像以上におもしろかった。「手延べ」とはどういうことか、讃岐うどんとのちがいがよく理解できました。
この体験施設、カーナビにも入ってないし、もっと普及させればいいのにとも思います。
その後自分たちが作った五島うどんを「地獄炊き」で食べさせていただきます。
2014-02-04 10.37.29

ワークショップ開始。東京からの籾山講師も違う港経由で到着。河崎、籾山両講師のはなしのあと、製麺業者の方のワークショップ開始。今回は主に、コンセプトの決め方、専門家に発注するための要件定義の方法について、仮の事例をつくり、策定していただきました。なかなか、盛り上がり、かなりアイデアも出ましたが、ワークショップで3時間持たすのも厳しいなぁと気が付いたのも事実です。

終了後、新上五島町の行政職の方、長崎県の職員の方と食事。
ここんところ、呑みごとが続き、ややグロッキー気味ではあります。