記憶があやふや

【研修をメインにしている中小企業診断士in福岡のブログです】

6:00起床
今日は土曜日。そんなに早く起きる必要もないと二度寝。8:00再起床。
ホテルをチェックアウトして、最寄りの富士そばで朝飯。なぜか、東京に来ると無性に食いたくなる。
店内には、富士そば社長が作詞したという演歌のCDのポスターとか、社長の執筆した本のポスターが貼ってある。
こんなの前からあったかな?

飛行機の時間まで随分とあるので、四谷に行ってみた。ちなみに母校上智大学がある街である。
なんか随分と変わってました。
第一にイグナチオ教会はこんなかんじだったか?じゃぁ、前はどうだったかというと、これが思い出せない。
実に記憶というものはあやふやであります。
四谷駅から見た大学というのも随分と印象がかわりました。
前は高いビルは7号館のみだったのですが。今はいろんなビルがたっております。まぁ、母校の発展を喜ぶべきなんでしょうが。

浜松町駅の中にある文教堂で本を購入。「キャリアポルノは人生の無駄だ」本の帯を見て購入を決定。前から心に引っかかりを覚えていたテーマ。興味があり読んでみようと思う。
こういうのがアマゾンではできない本との出会いか・・・。2013-10-19 10.15.252013-10-19 10.18.01